ブログ

大男と量子の玩具

10
1月
,
2022

男の子(と女の子!)は成長しない。おもちゃが大きくなり、高価になるだけだ」という古いことわざがある。2021年の量子コンピューティングは、おもちゃのコンピュータがおもちゃの回路を動かしておもちゃの問題を解決する、というものだった。

もちろん、これらの「おもちゃのコンピューター」は非常に洗練されている。多くの問題に対する独創的な解決策を考案するために、才能ある優秀な科学者やエンジニアが数え切れないほどの時間を費やす必要がある。しかし、最終的には--いくつかの顕著な例外を除いて--2021年に量子コンピューターで実行できることは、高性能の古典コンピューターでシミュレートできる。そして、少なくとも今のところは、古典的なコンピューターの方がはるかに使いやすく、普及している。

おもちゃの問題」も無駄に解決されたわけではない。大小さまざまな組織が、社内で量子の専門技術を開発し、量子コンピューターが特定の問題を解決し、古典的なコンピューターと同様の結果を出せるかどうかを見極めたいと考えていた。これは、古典コンピュータを凌駕する量子コンピュータが将来登場することを見越してのことである。

2022年に向けて、量子コンピューターでより現実的な問題を解決するためには何が必要なのだろうか?

  1. コンピューターはより良くなる必要がある。複数の企業が100量子ビットを超える量子モデルを発表している。これほど多くの量子ビットを使用するアルゴリズムは、古典的なコンピューターでは現実的にシミュレートできないため、量子でできることと古典でできることの間に隔たりが生じ始めている。もちろん、量子ビット数だけがコンピュータのパワーを測る尺度ではないが(コヒーレンスや接続性は他の尺度である)、これらのハードウェア開発は有望である。
  2. より多くの人材。量子アルゴリズムを開発・実装する量子リテラシーのある科学者やエンジニアを雇うのは難しい。大学や企業のトレーニングプログラムは、供給量を増やすために最善を尽くしているが、量子労働力に対する需要は大きい。今日、量子ソフトウェアを書くことは非常に難しく、解決すべきビジネス問題の理解に加え、量子情報科学の博士号レベルの理解が必要とされることが多い。
  3. より優れた開発プラットフォーム。100量子ビットや1000量子ビットのコンピュータは、5量子ビットや10量子ビットのマシンで使われていたのと同じ方法ではプログラミングできない。もはや、ゲートレベルでの作業や、あらかじめ構築された硬直したコードブロックの使用は期待できない。アルゴリズムの動作を指定し、その仕様を動作する回路に変換する新しい方法が必要なのだ。Classiqはこの問題に取り組んでおり、量子プログラミングをより多くの人々が利用できるようにすることで、「より多くの人々」の問題解決にも貢献したいと考えている。

私たちはおもちゃが大好きですが、2022年には、より多くの現実の問題が、今後登場する量子コンピューターとそれを駆動するソフトウェア・プラットフォームで対処できるようになることを願っています。

男の子(と女の子!)は成長しない。おもちゃが大きくなり、高価になるだけだ」という古いことわざがある。2021年の量子コンピューティングは、おもちゃのコンピュータがおもちゃの回路を動かしておもちゃの問題を解決する、というものだった。

もちろん、これらの「おもちゃのコンピューター」は非常に洗練されている。多くの問題に対する独創的な解決策を考案するために、才能ある優秀な科学者やエンジニアが数え切れないほどの時間を費やす必要がある。しかし、最終的には--いくつかの顕著な例外を除いて--2021年に量子コンピューターで実行できることは、高性能の古典コンピューターでシミュレートできる。そして、少なくとも今のところは、古典的なコンピューターの方がはるかに使いやすく、普及している。

おもちゃの問題」も無駄に解決されたわけではない。大小さまざまな組織が、社内で量子の専門技術を開発し、量子コンピューターが特定の問題を解決し、古典的なコンピューターと同様の結果を出せるかどうかを見極めたいと考えていた。これは、古典コンピュータを凌駕する量子コンピュータが将来登場することを見越してのことである。

2022年に向けて、量子コンピューターでより現実的な問題を解決するためには何が必要なのだろうか?

  1. コンピューターはより良くなる必要がある。複数の企業が100量子ビットを超える量子モデルを発表している。これほど多くの量子ビットを使用するアルゴリズムは、古典的なコンピューターでは現実的にシミュレートできないため、量子でできることと古典でできることの間に隔たりが生じ始めている。もちろん、量子ビット数だけがコンピュータのパワーを測る尺度ではないが(コヒーレンスや接続性は他の尺度である)、これらのハードウェア開発は有望である。
  2. より多くの人材。量子アルゴリズムを開発・実装する量子リテラシーのある科学者やエンジニアを雇うのは難しい。大学や企業のトレーニングプログラムは、供給量を増やすために最善を尽くしているが、量子労働力に対する需要は大きい。今日、量子ソフトウェアを書くことは非常に難しく、解決すべきビジネス問題の理解に加え、量子情報科学の博士号レベルの理解が必要とされることが多い。
  3. より優れた開発プラットフォーム。100量子ビットや1000量子ビットのコンピュータは、5量子ビットや10量子ビットのマシンで使われていたのと同じ方法ではプログラミングできない。もはや、ゲートレベルでの作業や、あらかじめ構築された硬直したコードブロックの使用は期待できない。アルゴリズムの動作を指定し、その仕様を動作する回路に変換する新しい方法が必要なのだ。Classiqはこの問題に取り組んでおり、量子プログラミングをより多くの人々が利用できるようにすることで、「より多くの人々」の問題解決にも貢献したいと考えている。

私たちはおもちゃが大好きですが、2022年には、より多くの現実の問題が、今後登場する量子コンピューターとそれを駆動するソフトウェア・プラットフォームで対処できるようになることを願っています。

"キュービット・ガイのポッドキャスト "について

The Qubit Guy(弊社最高マーケティング責任者ユヴァル・ボーガー)がホストを務めるこのポッドキャストは、量子コンピューティングのオピニオンリーダーをゲストに迎え、量子コンピューティングエコシステムに影響を与えるビジネスや技術的な疑問について議論します。ゲストは、量子コンピュータのソフトウェアやアルゴリズム、量子コンピュータのハードウェア、量子コンピューティングの主要なアプリケーション、量子産業の市場調査などについて興味深い見解を提供します。

ポッドキャストへのゲスト推薦をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。

こちらも参照

該当する項目はありません。

量子ソフトウェア開発を開始

お問い合わせ