プレスリリース

 MphasisとClassiqが量子イノベーションを推進するために提携

4
6月
,
2024

BFSI、サプライチェーン&ロジスティクス、ライフサイエンス&ヘルスケアの各分野における量子コンピューティング・ソリューションのパイオニアとなるパートナーシップを締結

テルアビブ、2024年6月4日、 クラウドおよび コグニティブ・サービスに特化した情報技術(IT)ソリューション・プロバイダーであるMphasis(BSE:526299、NSE:MPHASIS)は本日、量子ソフトウェア大手の Classiqと戦略的提携を結び、量子による産業ソリューションの実証と商業化を行うことを発表しました。この戦略的パートナーシップは、量子ソリューションを業務に組み込むことで、企業への導入を加速させることを目的としています。この提携は、イノベーションを促進し、技術的な境界を再定義し、量子が動力となる未来への道を開くことを約束するものです。

 Classiqは量子コンピューティング・ソフトウェアをリードし、より高速で効率的な量子アルゴリズム設計のためのプラットフォームを開発しました。Mphasisは、BFSI、ライフサイエンス、ヘルスケア、サプライチェーン&ロジスティクス、化学などの分野において、これらの先進的アルゴリズムを活用した産業ソリューションの構築に注力します。Mphasisは、Classiqの量子プラットフォームを活用することで、業界固有の知的財産(IP)を開発し、顧客IPの共同マーケティングや実装、顧客プロジェクトの実行、ClassiqのプラットフォームとIPの商業化支援を行います。

さらに、応用研究開発部門であるNEXT Labsの中で2020年に開始されたMphasisの量子イニシアチブは、お客様の量子時代への移行を促進することを目的としています。この採用モデルは、最適化、人工知能、シミュレーション、サイバーセキュリティなどの主要領域における量子ソリューションの開発と実装だけでなく、意識形成、評価、コンサルティングワークショップから構成されています。量子コンピューティングの領域では、応用研究、業界に特化したソリューションや知的財産の創出、ソート・リーダーシップの普及、強固なパートナーシップの構築、デザイン思考を活用した採用促進などを優先課題としています。

「Classiqとの提携を発表し、彼らの専門知識を活用して量子コンピューティングの大きな可能性を解き放つことができることを嬉しく思います。このパートナーシップにより、我々の業界知識と最先端の量子技術を融合させ、お客様のニーズに合わせた革新的なソリューションを提供することが可能になります。Mphasisのチーフ・ソリューション・オフィサーであるSrikumar Ramanathanは、次のように述べています。「私たちは共に、この分野の境界を再定義する最先端の量子ソリューションの開始と実装をリードしていきたいと考えています。

「ClassiqはMphasisと提携し、スケーラブルな企業向け量子コンピューティング・ソフトウェア開発をサポートできることを誇りに思います。ClassiqのCEO兼共同設立者であるNir Minerbiは、次のように述べています。「私たちは、業界に関する深い知識と量子に関する専門知識、そして高度に最適化された量子コンピューティング・プログラムをお客様に提供するために必要な技術を兼ね備えています。

 

Mphasisの専門知識とClassiqの量子コンピューティングの知見を相乗させることで、このコラボレーションは新たな可能性を引き出し、業界のベンチマークを再定義する準備が整っています。量子コンピューティングの能力は、これまで解決できなかった問題に取り組むことで、まったく新しい発見と革新への扉を開きます。米 国立標準技術研究所の報告書によると、量子コンピューティングは材料科学、創薬、金融モデリングなどの分野でブレークスルーをもたらす可能性があるという。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、2040年までに1,060億ドルの潜在的量子技術市場規模があると予測しています。MphasisとClassiqの提携は、Classiqの最先端量子開発プラットフォームとMphasisの広範な業界知識を補完するもので、専門知識とイノベーションの融合を意味します。両社は共に、画期的な量子ソリューションの開拓を目指し、変革が必要な分野を再構築していきます。

 Classiqのプラットフォームは、初心者から熟練設計者まで、量子回路の迅速な生成、解析、実行を可能にします。今回の協業は、MphasisとClassiqが、量子コンピューティング・アプリケーションのパイオニアとして、さまざまな産業分野に貢献していくことを示すものです。

これとは別に、2021年6月、エムファシスはアルバータ州政府、カルガリー大学とともにMoUに調印し、世界をリードする量子都市・カナダの立ち上げを発表した。この戦略的パートナーシップは、カルガリーにおける人材育成と量子コンピューティングエコシステムの開発を加速させ、テクノロジー分野の研究開発を推進するものでした。2022年6月、Mphasisはカナダへのコミットメントを深め、カルガリーでのデリバリーセンターを発表し、アルバータ州でのビジネス拠点を開設しました。Mphasisのビジネス・エコシステムは、デジタルトランスフォーメーション、AI、量子コンピューティングなどの主要ハブとしてのこの地域の評判を強化し、カナダの成長するデジタル部門に貢献するものと位置づけられました。

Mphasisについて

Mphasisの目的は、次世代設計、アーキテクチャ、エンジニアリングサービスを適用し、スケーラブルで持続可能なソフトウェアおよびテクノロジーソリューションを提供することで、グローバル企業の「ドライバーレスカーのドライバー」となることです。顧客中心主義はMphasisの基本であり、Front2Back™の変革アプローチに反映されています。Front2Back™は、クラウドとコグニティブの飛躍的なパワーを利用して、顧客とそのエンドカスタマーに超パーソナライズされた(C=X2C2TM=1)デジタル体験を提供します。Mphasisのサービス・トランスフォーメーション・アプローチは、企業内のレガシー環境にデジタル技術を適用することで「コアの縮小」を支援し、変化する世界の中で企業が優位に立つことを可能にします。Mphasisのコアとなるリファレンスアーキテクチャとツール、スピードと革新性、ドメインの専門知識と専門性、そして事業とソリューション全体にわたる統合された持続可能性と目的主導のアプローチとの組み合わせは、主要なクライアントとの強固な関係を築く鍵となります。詳しくは こちらをクリックしてください。(BSE:526299NSE:MHASIS)

CLASSIQについて

Classiqは、アルゴリズム設計から実行に至るまで、量子コンピューティングへのシングル・エントリー・ポイントとなる包括的なソフトウェア・プラットフォーム(IDE、コンパイラ、OS)を提供しています。Classiqは、あらゆるレベルの開発者に対応し、量子コンピューティングへのアクセスの民主化を目指しています。量子プログラミングを自動化するローコード開発環境は、AI、ML、線形代数のバックグラウンドを持つ開発者を含む幅広い人材が、量子コンピュータ・ハードウェアのプログラミング方法に関する深い専門知識を必要とすることなく、量子コンピューティングを活用できることを保証します。Classiqはまた、量子コンピュータ、HPC、量子シミュレータで使用するソフトウェアを提供する先進的な計算ハードウェアプロバイダーとも緊密に連携しています。HPE、HSBC、サムスン、Intesa Sanpaolo、NTTといった強力な投資家に支えられ、Classiqの世界クラスの科学者とエンジニアのチームは、数十年にわたる量子の専門知識を画期的なソフトウェア開発プラットフォームに凝縮しています。LinkedIn、X(旧Twitter) YouTubeで Classiqをフォローし、Slack コミュニティやGitHubリポジトリを訪問し、Classiqプラットフォームをお試しください。

詳細はこちらまで:

Mphasisコーポレート・コミュニケーション

ディーパ・ナガラージ

deepa.nagaraj@mphasis.com

+ 1 (646) 424-5160 |+91 9845 256 283

スマナ・バット

sumana.bhat@mphasis.com

+91 9902 980 980

 

クラッシク・メディア連絡先

レイニア・コミュニケーションズ

ミシェル・アラード・マクマホン/ジェナ・ボーカージュ

classiqPR@rainierco.com

 

 

 

 

BFSI、サプライチェーン&ロジスティクス、ライフサイエンス&ヘルスケアの各分野における量子コンピューティング・ソリューションのパイオニアとなるパートナーシップを締結

テルアビブ、2024年6月4日、 クラウドおよび コグニティブ・サービスに特化した情報技術(IT)ソリューション・プロバイダーであるMphasis(BSE:526299、NSE:MPHASIS)は本日、量子ソフトウェア大手の Classiqと戦略的提携を結び、量子による産業ソリューションの実証と商業化を行うことを発表しました。この戦略的パートナーシップは、量子ソリューションを業務に組み込むことで、企業への導入を加速させることを目的としています。この提携は、イノベーションを促進し、技術的な境界を再定義し、量子が動力となる未来への道を開くことを約束するものです。

 Classiqは量子コンピューティング・ソフトウェアをリードし、より高速で効率的な量子アルゴリズム設計のためのプラットフォームを開発しました。Mphasisは、BFSI、ライフサイエンス、ヘルスケア、サプライチェーン&ロジスティクス、化学などの分野において、これらの先進的アルゴリズムを活用した産業ソリューションの構築に注力します。Mphasisは、Classiqの量子プラットフォームを活用することで、業界固有の知的財産(IP)を開発し、顧客IPの共同マーケティングや実装、顧客プロジェクトの実行、ClassiqのプラットフォームとIPの商業化支援を行います。

さらに、応用研究開発部門であるNEXT Labsの中で2020年に開始されたMphasisの量子イニシアチブは、お客様の量子時代への移行を促進することを目的としています。この採用モデルは、最適化、人工知能、シミュレーション、サイバーセキュリティなどの主要領域における量子ソリューションの開発と実装だけでなく、意識形成、評価、コンサルティングワークショップから構成されています。量子コンピューティングの領域では、応用研究、業界に特化したソリューションや知的財産の創出、ソート・リーダーシップの普及、強固なパートナーシップの構築、デザイン思考を活用した採用促進などを優先課題としています。

「Classiqとの提携を発表し、彼らの専門知識を活用して量子コンピューティングの大きな可能性を解き放つことができることを嬉しく思います。このパートナーシップにより、我々の業界知識と最先端の量子技術を融合させ、お客様のニーズに合わせた革新的なソリューションを提供することが可能になります。Mphasisのチーフ・ソリューション・オフィサーであるSrikumar Ramanathanは、次のように述べています。「私たちは共に、この分野の境界を再定義する最先端の量子ソリューションの開始と実装をリードしていきたいと考えています。

「ClassiqはMphasisと提携し、スケーラブルな企業向け量子コンピューティング・ソフトウェア開発をサポートできることを誇りに思います。ClassiqのCEO兼共同設立者であるNir Minerbiは、次のように述べています。「私たちは、業界に関する深い知識と量子に関する専門知識、そして高度に最適化された量子コンピューティング・プログラムをお客様に提供するために必要な技術を兼ね備えています。

 

Mphasisの専門知識とClassiqの量子コンピューティングの知見を相乗させることで、このコラボレーションは新たな可能性を引き出し、業界のベンチマークを再定義する準備が整っています。量子コンピューティングの能力は、これまで解決できなかった問題に取り組むことで、まったく新しい発見と革新への扉を開きます。米 国立標準技術研究所の報告書によると、量子コンピューティングは材料科学、創薬、金融モデリングなどの分野でブレークスルーをもたらす可能性があるという。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、2040年までに1,060億ドルの潜在的量子技術市場規模があると予測しています。MphasisとClassiqの提携は、Classiqの最先端量子開発プラットフォームとMphasisの広範な業界知識を補完するもので、専門知識とイノベーションの融合を意味します。両社は共に、画期的な量子ソリューションの開拓を目指し、変革が必要な分野を再構築していきます。

 Classiqのプラットフォームは、初心者から熟練設計者まで、量子回路の迅速な生成、解析、実行を可能にします。今回の協業は、MphasisとClassiqが、量子コンピューティング・アプリケーションのパイオニアとして、さまざまな産業分野に貢献していくことを示すものです。

これとは別に、2021年6月、エムファシスはアルバータ州政府、カルガリー大学とともにMoUに調印し、世界をリードする量子都市・カナダの立ち上げを発表した。この戦略的パートナーシップは、カルガリーにおける人材育成と量子コンピューティングエコシステムの開発を加速させ、テクノロジー分野の研究開発を推進するものでした。2022年6月、Mphasisはカナダへのコミットメントを深め、カルガリーでのデリバリーセンターを発表し、アルバータ州でのビジネス拠点を開設しました。Mphasisのビジネス・エコシステムは、デジタルトランスフォーメーション、AI、量子コンピューティングなどの主要ハブとしてのこの地域の評判を強化し、カナダの成長するデジタル部門に貢献するものと位置づけられました。

Mphasisについて

Mphasisの目的は、次世代設計、アーキテクチャ、エンジニアリングサービスを適用し、スケーラブルで持続可能なソフトウェアおよびテクノロジーソリューションを提供することで、グローバル企業の「ドライバーレスカーのドライバー」となることです。顧客中心主義はMphasisの基本であり、Front2Back™の変革アプローチに反映されています。Front2Back™は、クラウドとコグニティブの飛躍的なパワーを利用して、顧客とそのエンドカスタマーに超パーソナライズされた(C=X2C2TM=1)デジタル体験を提供します。Mphasisのサービス・トランスフォーメーション・アプローチは、企業内のレガシー環境にデジタル技術を適用することで「コアの縮小」を支援し、変化する世界の中で企業が優位に立つことを可能にします。Mphasisのコアとなるリファレンスアーキテクチャとツール、スピードと革新性、ドメインの専門知識と専門性、そして事業とソリューション全体にわたる統合された持続可能性と目的主導のアプローチとの組み合わせは、主要なクライアントとの強固な関係を築く鍵となります。詳しくは こちらをクリックしてください。(BSE:526299NSE:MHASIS)

CLASSIQについて

Classiqは、アルゴリズム設計から実行に至るまで、量子コンピューティングへのシングル・エントリー・ポイントとなる包括的なソフトウェア・プラットフォーム(IDE、コンパイラ、OS)を提供しています。Classiqは、あらゆるレベルの開発者に対応し、量子コンピューティングへのアクセスの民主化を目指しています。量子プログラミングを自動化するローコード開発環境は、AI、ML、線形代数のバックグラウンドを持つ開発者を含む幅広い人材が、量子コンピュータ・ハードウェアのプログラミング方法に関する深い専門知識を必要とすることなく、量子コンピューティングを活用できることを保証します。Classiqはまた、量子コンピュータ、HPC、量子シミュレータで使用するソフトウェアを提供する先進的な計算ハードウェアプロバイダーとも緊密に連携しています。HPE、HSBC、サムスン、Intesa Sanpaolo、NTTといった強力な投資家に支えられ、Classiqの世界クラスの科学者とエンジニアのチームは、数十年にわたる量子の専門知識を画期的なソフトウェア開発プラットフォームに凝縮しています。LinkedIn、X(旧Twitter) YouTubeで Classiqをフォローし、Slack コミュニティやGitHubリポジトリを訪問し、Classiqプラットフォームをお試しください。

詳細はこちらまで:

Mphasisコーポレート・コミュニケーション

ディーパ・ナガラージ

deepa.nagaraj@mphasis.com

+ 1 (646) 424-5160 |+91 9845 256 283

スマナ・バット

sumana.bhat@mphasis.com

+91 9902 980 980

 

クラッシク・メディア連絡先

レイニア・コミュニケーションズ

ミシェル・アラード・マクマホン/ジェナ・ボーカージュ

classiqPR@rainierco.com

 

 

 

 

"キュービット・ガイのポッドキャスト "について

The Qubit Guy(弊社最高マーケティング責任者ユヴァル・ボーガー)がホストを務めるこのポッドキャストは、量子コンピューティングのオピニオンリーダーをゲストに迎え、量子コンピューティングエコシステムに影響を与えるビジネスや技術的な疑問について議論します。ゲストは、量子コンピュータのソフトウェアやアルゴリズム、量子コンピュータのハードウェア、量子コンピューティングの主要なアプリケーション、量子産業の市場調査などについて興味深い見解を提供します。

ポッドキャストへのゲスト推薦をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。

こちらも参照

該当する項目はありません。

量子ソフトウェア開発を開始

お問い合わせ